2017.02.08

927

効果の出るランディングページの作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
話題のドラマ「東京タラレバ娘」にダダはまっている谷脇です。(10年ぶりぐらいに漫画を大人買いしてしまいました。続きが待ちどうしいです)

あのドラマを見てると、25歳ぐらいからの生き方を思い出してしまいますよ。
特に28歳ぐらいはいろんなことの分岐点で、崖っぷち感がめちゃくちゃあったので、1つの選択を間違っていたら今頃どうなっていたんだろうと思うんですよ。

あと、エピソードひとつひとつ、アラサーあるあるが半端ないです(笑)

今日は、ランディングページの基礎知識です。

さて、ウェブ業界では、スマホファーストがすごいので、今日は、1ページだけで結果を出す「ランディングページ」について、特にランディングページを活用した効果アップ施策である「LPO(エルピーオー)」について取り上げて見たいと思います。

ランディングページ最適化(LPO)とは何か?

お得意の、wikiペディア情報からスタートしますと、ランディングページ最適化(LPO)とは、以下の通りとなっています。

ランディングページ最適化(ランディングページさいてきか、英: Landing page optimization、LPO)はコンバージョン最適化、もしくはコンバージョン率最適化(英: Conversion Rate Optimization, CRO)と呼ばれるより広範なインターネットマーケティング手法の一つであり、セールスリードや顧客となりうるウェブサイト訪問者の比率を向上させることを目的としている。 ランディングページは潜在顧客が広告や検索結果をクリックした際に表示されるウェブページである。ここでは通常、広告やリンクについてより詳細に書かれたコンテンツが表示される。ランディングページ最適化では、ターゲットとなる閲覧者に向けてより訴えかけるコンテンツやビジュアルをページ上で提供することを目的としている。

はい出ました、オプティマイゼーション。

ランディングページをオプティマイゼーションすることが。LPO
SEOは、サーチエンジンをオプティマイゼーション。
EFOは、エントリーフォームをオプティマイゼーションするんです。
何事も、最適化が必要ということですね。覚えておきましょうね。

では、具体的にどのように最適化するのか、一例を取り上げて見ます。

ページを最適化するために、どのような作業をすべきか?

ランディングページとは直訳すると「着陸する」とか「乗り上げる」という意味。
サイトでいうと「訪問する」ということにできると思います。

初めて訪れる人のためのページとして、わかりやすくしようと考えられたのが
このランディングページですが、特徴としては以下の通りです。

1、構成は1ページ完結型である
2、起承転結がしっかりしている
3、視覚的に購買心理に働きかけるデザインである
4、外部リンクが少なく、ゴールが明確である
5、ストーリー性があり、内容がわかりやすい

この特徴を活かして、コンバージョン率を高めることができるページであるため
冒頭にある通り、コンバージョン率最適化( Conversion Rate Optimization, CRO)とも呼ばれているようです。

では、実際に制作するフローをあげて見ましょう。

購買心理を踏まえて、コンテンツを作成する

初めて訪れる人は、そのページに掲載されている情報で全ての情報を知ることとなりますので、まずは、興味や関心のある情報から提供し、徐々に情報を具体的にしていきましょう。そして、他の商品との比較や、他のユーザーの利用した声などを含めながら、それを使うイメージをして頂きます。このような購買心理を高めるマーケティング手法として「購買心理の7段階」というものがあります。

これを、ランディングページに当てはめて図にしてみました。

それぞれのコンテンツに前後はありますが、注目して欲しいのは、
カラーの変化です。購買心理を7段階に分けるとすると、以下のような心理があります。

注意、興味・関心、連想、欲望、比較、信念、決意

この順番が大切です。

例えば、車を買おうと思った時に、性能や乗り心地を知らずに、値段だけ露出されても
全く欲しいと思えないと思います。

  1. 日本で初のハイブリッドエコカー誕生。
  2. ガソリンと電気を自動で切り替え、燃費が今までの約5倍に。
  3. 家族で遠くまでドライブ。キャンプに行って、楽しい夏休み。
  4. 衝突防止機能、バックモニター、カーナビも標準装備。
  5. 今なら試乗会でお得なキャンペーン実施中。
  6. 家計に優しい、マイカーローンは当社だけ。
  7. お申し込みはフリーダイヤルで24時間受付中

上記に挙げた7つの内容は、私が即興で購買心理のステップに合いそうな文言を並べて書いて見た内容です、が、どこかの車の宣伝でも、使われていそうな内容ではありませんか?

おそらく、購買心理を考えずにCMもテレビ通販も作られてはいないと思います。
こういった基本的なマーケティングがいろいろなところで使われています。

ランディングページに関しても、例外なく、この心理を踏まえて制作することがポイントです。ご自身で作られる場合も、依頼して制作する場合も、この点を踏まえて効果の出やすいランディングページを作って見てくださいね!

 

ここでちょっと宣伝!

このブログ内容にあるような、購買心理に働きかけられる
ランディングページ一体型のフォームカートをリリースしました!

------------------------------------------------------------------------------------
目的にフィットし、結果を出す。
ランディングページ一体型フォーム・カート
https://amaq.jp
------------------------------------------------------------------------------------

ランディングページを効果的に作成できるよう、フォローいたします。
もちろん、ランディングページの制作もご依頼頂けますヨ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社へノブファクトリー|代表取締役
この記事の投稿者:

次