2015.03.07

1,913

DAUならぬ、TDAA(Taniwaki’s Daily Active Appli)を6アプリ紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加

どうもー谷脇です。皆さま、花粉、ひどいですか?
私は40年間花粉に悩まされてこなかったので、良かったなーと思いつつも
朝、鼻がムズムズすると「つ、ついに来たのかっ!!」なんて怯えまくっています^^

どうか一生私の花粉リミットはいっぱいになりませんように。。
さて、今日は個人的に連載にしようと思っている新ネタです。

ちまたでよく見かける「DAU」って何?

今、ネットでよく見かける、DAU(ディーエーユー)というキーワード、
何だかわかりますか?
これは、特定のSNSやアプリを日単位で考えた場合、どのぐらいの頻度で使っているか把握するための指標で、DAU(Daily Active User)と読みます。以下、詳しい解説です。

DAUとは、SNSをはじめとするソーシャルメディアやソーシャルアプリなどにおいて、1日にサービスを利用したユーザー(アクティブユーザー)の数のことである。ソーシャルメディアの利用状況を計る指標のひとつとして用いられる。DAUと同様、月間のアクティブなユーザー数を計る指標はMAU(Monthly Active Users)、1週間あたりのアクティブなユーザー数はWAU(Weekly Active Users)と呼ばれる。 ソーシャルメディアのような会員登録制のサービスでは、登録したもののほとんどサービスを利用していないユーザーも存在する。そのため、サービスの規模やKPIの指標としてDAUやMAUを重視することも多い。

アプリはダウンロードしても、毎日活用するようなものは数種類から多くて10何種類ぐらいではないでしょうか。
私の場合は、アプリの断捨離を心がけているので、基本、今入っているものよりも使えない場合は、即削除。

それでもたまに使うかなーと思うようなものは、削除はしないまでも「いろいろ」みたいな名前のついたフォルダに保存されるか、フリック3ページ目ぐらいに追いやられるのが関の山ですよね。(たまにしつこく通知とかしてくるアプリは悲しいですがその時点でゴミ箱行きー。世知辛い世の中ですワヨ。)

このように、アクティブユーザーがどのぐらいいるのかが、そのアプリの価値を決めます。
ちなみに2014年は以下のようにランキングになっているようですね。

参照:
2014年度!有名アプリのDAU、MAU、アクティブ率まとめ

気になるアプリは自分で調べることもできるようです。
http://analytics.appa.pe/index.html#/

連載必至!?谷脇的、DAUならぬ、TDAAを大公開します。

世の中いろんなアプリをみんな使っていると思うのですが、今回は上記のように、
けっこうなアプリ断捨離なわたくし谷脇の、DAUならぬ、TDAA(Taniwaki’s Daily Active Appli)ということで、私自身がヘビーユーズしているアプリを6個ピックアップしてみました!

くだらないと言わずに、、、、どうか見てください〜♪

No.1 あすけん(TDAA度 推定100%)

スクリーンショット 2015-03-06 21.05.24
IMG_2160

◆あすけん
レコーディング系アプリオタクの谷脇が、衝撃を受けたアプリです。 朝食、昼食、夕食、完食、運動、カラダという5つの項目をサクサクと入力でき、あすけん姉さんに、あれやこれやと叱咤激励をいただくける、ありがたいアプリです。 何と言っても入力のしやすさが絶妙です。お試し版利用後に即プレミアム会員になりました。

 

No.2 チャットワーク(TDAA度 推定100%)

スクリーンショット 2015-03-06 21.07.07
IMG_2163

◆チャットワーク
仕事でフル活用しているチャットワーク。リモートワークを実現させてくれる実に素晴らしいツールです。EXPOやネットなどでお名前は知ってはいたものの、利用し始めたのは1年半前ぐらい。今ではコレ無しでは絶対に業務が回らないと言っても過言ではないくらい依存させていただいています。ヘビーユーザーなので、営業隊長とかになって、ご支援したいぐらいです。

 

No.3 トークノート(TDAA度 推定95%)

スクリーンショット 2015-03-06 21.06.26IMG_2162  
◆トークノート
これも、仕事でめちゃくちゃ使っているツールです。以前よりは頻度は減りましたが、レコーディングの一種ですね。以下のような感じで、カテゴリをいろいろ作って、メンバーを招待して、会話をするのですが、ウチの会社では「日報」「ネタ」「請求書」みたいなカテゴリで情報ストックに使っています。いいね!機能と既読機能がついているので、タイムリーに情報を伝えて、反応をみたいような内容の場合は向いています。

 

No.4 LINE(TDAA度 推定93%)

スクリーンショット 2015-03-07 0.40.21
IMG_2166

◆LINE
LINEがランキング4位だなんて、ちょっとババア感がでちゃうなーと思ったんですが正直に書きます。LINEは土日にはあまり見ないのと、そもそもLINEやれる友達も少ないからなんですけどね。。ブツブツ。。この画像は、呑んだくれが集まる会のグループですが、最近やってないなー。ニュース閲覧とかでDAUが上がっている感じですね。 20代とか30代で集計したら、きっと99%ぐらいあるんじゃないかと思いますよね。

 

No.5 Facebook(TDAA度 推定88%)

スクリーンショット 2015-03-07 0.43.06
IMG_2161

◆Facebook
Facebookデビューが遅かった私は、最初の頃はFacebookに馴染めず、苦戦したのを覚えています。今では仕事関係の方々とのコミニュケーションツールとしてや、会社の告知、サービスの告知、Facebookページのコンテンツ制作などでアクセスしてます。インサイトとか結構見てますね。一般的な使い方ではないかもですね。。

 

No.6 WEAR(TDAA度 推定70%)

スクリーンショット 2015-03-06 21.11.28IMG_2165
◆WEAR
これはこれで、またまた若ぶってー。服とか興味ないくせにーなんていわれるかと思って怖いですが、正直に書きます。ただ、前から常用しているというよりも、ここ数週間のうちに急激にランクインしたアプリです。雑誌とかに良くある、京都とか大阪とか福岡とかのお洒落な人々のスナップ写真のコーナーを見ているようで、あーこんな風に着こなしてる人いいなーとか単純にワクワクする。マイブームというか、見てて楽しいんですよね。一番いいのは、毎日変わる、ピックアップタグという機能。「ホワイトスニーカー」「トリコロール」「ボーダートップス」とかのキーワードで見られるので参考になります。

記録系か、 ニュース系が圧倒的に多かったです。

今回、自分のスマホに入っているものを改めてみてみると、属性がいろいろ分かりました。
一番多かったのは「記録系」。レコーディング好きなので、ダイエット系が5種類、スポーツ系が3つ、仕事系が4つ、プランニング系が3つも入っていました。

次に、ニュース系(あ、キュレーション系っていうのかな?)がいろいろ。
NewsPicks、グノシー、スマートニュース、Vingow、grapeなど、10ぐらいありました。。

年代によっても全然違うと思うので、会社のスタッフにもこのシリーズを依頼してみようかと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社へノブファクトリー|代表取締役
この記事の投稿者:

次