419

[モール]日本最大級のモール《楽天市場》で店舗を出店する

このエントリーをはてなブックマークに追加

《楽天市場》でのネットショップ出店準備

650,000 円 〜

楽天市場への出店費用は含まれません。出店料の他、販売手数料、クレジットカード利用料などがかかります。

得られる効果

比較的簡単にサイトを開店できる 多くの企業が楽天市場でサイトを構築しているため、事例やノウハウがネット上にも多く掲載されている 楽天専門コンサルタントがいたり、売上を上げるための楽天専用ツールなども存在する

日本で最も有名なモール型ネットショップ「楽天市場」は、ネットショップを立ち上げるのが初めての方にもわかりやすいツールではあります。しかしながら、モール独自の販売戦略などが必要なため、知識がない中でスタートすることはお勧めできません。モール型なので、申し込みをして審査をすればネットショップの開店は比較的容易にできます。また、デパート型なので、デパートそのものには人が訪問しているため、自店舗にも人を呼び込みやすい戦略などは複数用意されています。売上アップにつながる一番のポイントは、商品詳細をしっかりと作り込み、多くの人の目に触れるように広告戦略を一緒に検討することです。ここでは、ネットショップ構築費用のみの費用が記載されています。しっかり効果を出すためにはコンパクトとに良いページを作り、安定した人を訪問させるために、広告予算を設定しましょう。

楽天市場の特徴

管理画面

楽天市場の管理画面はこのようなダッシュボードになっています。RMSログイン画面は2段階のパスワード認証となっており数週間に1度変更します。管理者権限も複数設定できます。管理画面では商品登録、メルマガ登録、広告購入など全ての作業を行うことができ、できることが多いため、楽天大学などの勉強会に出て、しっかりと使いかたを学ぶ必要があります。

特に商品登録やキャンペーン参加などは楽天独自の仕様となっているため、しっかり理解して取り組むか、専門で対策をしている会社に依頼することがベストとも言えます。

また、楽天は楽天ECCと言われる専門のコンサルタント(担当者)がつきます。サイト運営についてのアドバイスや効果的な広告出稿をアドバイスしてもらうことができますので、有効に活用していきましょう。

ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧