523

[カート]純日本製の《EC-CUBE》でネットショップを構築

このエントリーをはてなブックマークに追加

《EC-CUBE》でのネットショップ構築

650,000 円 〜

EC-cube自体は無料で利用できますが、環境はそれぞれ準備が必要です。それなりの知識が必要な玄人向けツールです。

得られる効果

オリジナリティ 豊富な機能 自社完結型 外部ツール連携

株式会社ロックオンが提供する、純日本製のオープンソースカートプラットフォームです。制作会社が利用してサイトを構築することが多いツールかと思います。特徴としては、EC-CUBEそのものは無料で使えるということ。ネットショップの仕組みは無料なので、イチからオリジナルでサイトを作るよりもリーズナブルに理想的なサイトが作れます。また、機能面が2.13バージョンからはプラグイン化されており、開発会社がたくさんのプラグインを世に送り出しているため、新しい機能も無料や低費用で導入できる

EC-CUBEの特徴

管理画面

EC-CUBEの管理画面はこのようなダッシュボードになっています。基本的にネットショップとしての機能を網羅していますが、管理画面もオリジナルにカスタマイズすることが可能です。EC-CUBE専用のモジュールやプラグインを使うことで安価にもしくは無料で様々な機能を付加することが出来ます。特に活用の幅が広いのはオリジナルの受発注システムとの連携や、ポイント機能、会員登録機能、メールマーケティング機能です。ただし、玄人向けなので、高度な開発を行う場合は実績のある企業に依頼しましょう。

デザイン(初期段階)

EC-CUBEのデフォルトデザインはこのようになっています。3列タイプで、メイン画像が入れられたり、カテゴリが自動で表示できるなど、使いやすくなっていますが、デフォルトのままですと商品イメージに合わないこともあり、カスタマイズの依頼がとても多いです。デザインの自由度はほぼ100%と言っていいほど、どんなデザインも対応可能です。プラグインやモジュールを追加し、デザイン上でも反映すれば、オリジナルネットショップを構築できます。

ダウンロード

このエントリーをはてなブックマークに追加

一覧