2016.07.31

1,235

この知識、あったら便利。ウェブ運営に役立つ《シリーズ本》11選。

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ヘノブです。
もう7月が終わっちゃいますね。早いなあ、夏らしいことしたかなー。

taniwaki

今のところ、負け越しでーす。

今日は、本を紹介したいと思います。

さて今日は、おさらい的に読んでおきたい本を紹介します。
ウェブ関連の本もめちゃくちゃたくさん出ているので、今日はシリーズ化されているものの中から便利なもの、読み応えがありそうなものをピックアップしてみましたー。残りの夏、もっかいWeb関連の情報をあらってみるのもいいかなと思ってます。

とりあえず、これは読んでおけ「100の法則。」シリーズ

まずは、みんな大好き「100の法則。」シリーズ。知らないことを一気に知ることができる便利な本たちです。amazonのなか見!検索だと目次が見れるので、ザッと知りたい内容かを判断することもできます。

Webユーザビリティ・デザイン Web制作者が身につけておくべき新・100の法則。

 

古い本ですが良い本です。「ユーザビリティ」なんて最初は全く意味も知らないで、かっこよく使いたいと思ってました。要は「訪問した人に対して使い勝手をよくする」ということなんだけど、本を見ていろいろ覚えたことを思い出しました。ウェブサイトを制作したり改善する時に主観に走ってしまいがちなデザイナーさんなどは、おさらいのつもりで一度さらっと読むと良いと思います。

SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。

こちらも古い本です。(サブタイトルに“Overture”って入ってるのを見て分かった人は歴が長い証拠ですね)が、ウェブ広告について知るということでオススメです。「キーワードとランディングページの見出しは統一する」とか、基本的なことを学べます。広告を外注に出している会社の人も多いと思いますが、どんなことをやってるのか、どういうところに気をつけるべきかは知っていると安心ですよね。ネットの情報を見つつ新しい情報を仕入れてもらって、基本はこちらで見てみてください。

この手の情報はすぐに古くなってしまうので、参考書はどんどん改定して新しくなっているんでしょうね。LPOとか、そういったのもでてるのかな。調べてみようと思います。

売れるネットショップ開業・運営 eコマース担当者・店長が身につけておくべき新・100の法則。

これは、本当に何度も読んだ本です。ちょうどへノブファクトリーもウェブサイトの運営にシフトしていた頃で、ネットショップの運営について、余すところなく学ぼうと読み込みました。ネットショップ運営は、多岐にわたってやるべきことがあり、備忘録としても役立ちました。本を読むだけじゃわからないことも多いですが、初めてネットショップを運営する人や、行き詰まりを感じている人には価値があると思います。

モバイルユーザビリティ・デザイン Web制作者が身につけておくべき新・100の法則。

これは、まだ読んだことがない本ですがシリーズ最新作だったのでピックアップ。100シリーズなので、きっとためになるのではと期待してます。自社で運営しているサイトも7割がスマートフォンからの流入になってしまうぐらい、ウェブを活用するシーンが変わってきているので、このあたりは全体的に押さえておかなければと思っています。

名講師が余すところなくスキルを披露「いちばんやさしい」シリーズ

お次は、手に取ったことも多いであろう「いちばんやさしい」シリーズ。表紙のレイアウトで内容を思い出してくる人もいるのではないでしょうか?今回調べてて思ったのですが、LINEとか、グロースハックとか、テーマの広がりがいいですよね。

シリーズ一覧はこちら
いちばんやさしい教本一覧

いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

100の法則シリーズでも出ていましたがSEO対策の教本です。こちらは2014年発行なので、情報が新しいです。教本としてとてもしっかりしているだけでなく、各講師の人のポイント解説も適切でためになります。SEO対策ってお金を出せば誰でもできるように思われがちですが、そんなことはなくて、「ちゃんとやるべきことをやらないと上がらない」ということを整理整頓して教えてくれています。手元にあると安心できる本です。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

いちばんやさしいシリーズで読んだほうがいいと思う1冊が、このコンテンツマーケティングの教本です。昨年発行なのですが、もっともっとレヴューがついてもおかしくないと思う本です。コンテンツマーケティングを実際に行っている企業がノウハウを出し惜しみせず、具体的な戦略をこれでもかと書いてくれています。運営代行会社としてイノーバさんとパートナーになりたいなーと思ったりしてます^^

いちばんやさしいWebマネジメントの教本 人気講師が教える最強のサイト運営チームの作り方

実はこれ、今から読もうと買って置いてある本です(笑)
Webマネジメントが優しく教えられるってすごい。読まなきゃデス。
ただ、タイトルだけでワクワクしちゃう。最強のチーム作りたいから。読んだら追記しますね。

番外編。シリーズじゃないけど、使える「逆引き系」

最後に、番外編。

シリーズじゃないんですが、昔から重宝しているのが「逆引き系」です。

あのデータを調べるにはどこ見ればいいんだっけ?
こういうイラストを描きたいんだけど、どうやればいいんだったっけ?

ネットでググるのが当たり前になっている現代では必要ないと思われるかもしれませんが、これ1冊あるだけで、すごーーーく便利です。お世話になったのは2004年、フリーランスになりたての頃、HTMLのタグを覚えるために数冊の参考書を買った中に、逆引き系がありました。もう、トリコです。

時間短縮にもなるし、自分の知らなかったノウハウがふんだんに掲載されていて、1ページ1ページ感激しながら読んだなーと思います。ここでは、最近発行になっているおすすめの4つをピックアップしてみたので、是非とも見てみてください!

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

できるクリエイター 逆引きHTML+CSSデザイン事典 Webクリエイターの現場で必要な基本と最新動向

Illustrator 10年使える逆引き手帖【CS4/CS3/CS2/CS/10/9/8 対応】

Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】

いつまでも、勉強して知識を洗い替えしよう。

学生の頃は、小説も参考書もたくさん読んでいました。
まあ、時間があったと言えばそうなのですが、興味の度合いがやばかった気がします。

大人になるとだんだんネットで済ませちゃったり
買ったのに後回しにしちゃったり、
人から聞いてなんとなく知った気になってしまうものなので、
初心を忘れないよう、本、読んでいこうと思いましたー。

眠り薬にならないよう、朝、、、読むぞー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社へノブファクトリー|代表取締役
この記事の投稿者:

次