2019.03.25

339

【SEO対策】おむすび活用法

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。みなさん、SEO対策してますかー?
さて、いきなりですがw、みなさんが、もしWEBサイトの管理者であり「新たなコンテンツを追加せよ!」なんて上司からの唐突かつヘビーな命題を与えられてしまったら、一体どんな手段をとりますか?

今回は、何も悩まずにサクっと
・世間から必要とされる
・SEO対策としても効果のある
そんなとっても有効なコンテンツ内容を即決できちゃう、誰でもカンタンな手法を具体的にお伝えしちゃいます。

 

 

自社サイトに関連するキーワードが一体どんな単語との組み合わせで世の中で検索されているか?そんな疑問にあっと言うまに応えてくれちゃうのが、キーワードマッピングツール界では有名な「OMUSUBI」

 

↓クリック or タッチでどうぞ

omusubi

 

使い方はカンタン。
①調べたいメインのキーワードを入力して検索ボタンを押す
②数秒で「どんな単語と共に検索されているか」がMAPとして花咲きます。

関連単語ごとのキーワードボリュームは別のツールを使う必要がありますが、コンテンツの方向性を決定するにはこれで十分。むしろ、上司を説得するなら、このMAPを使わない手はないのです。

 

MAPそのものが説得材料に

では、具体的に「革靴」を販売しているネットショップを想定して、WEBサイトに追加すべきコンテンツ内容を決定していきましょう。

 

▼このネットショップの既存コンテンツの内容は以下のとおり。
・ブランド説明
・おすすめ商品
・カジュアルコーナー
・レディースコーナー

 

▼OMUSBIでの「革靴」検索結果

図1

 

▼ここからさらに、すでにサイト上に同類のコンテンツがあるもの=青で囲む
▼検索ニーズがあるにも関わらずサイトに無いもの=赤で囲む

seo-kawagutsu

どうですか?既存コンテンツを除いていくと、浮き彫りになるのは
革靴の「修理や手入れ」と言ったリペア関連の検索ニーズ・・・。

これこそが、世の中の検索ニーズはあるけれど、自社サイトに足りていないコンテンツ要素であると明言できるのです。

 

 

YouTube検索も

さらに、この「OMUSUBI」では、動画における検索行為のニーズも探ることが出来るのです。まぁ、なんて素晴らしい!そう、ちょっとした動画でも制作してYouTubeにアップして、PR要素の1つとしてページに埋め込もう!なんて時にも、独りよがりの主観的な視点からの内容提案ではなく、世間の検索ニーズを反映した、データによる客観的な視点からの内容提案が可能となります。

 

▼OMUSUBIでの「革靴」YouTube検索結果

seo-kawagutsu-youtube

 

いかがでしょうか。動画においては、「革靴」と言えば「リペア関連」で間違いなしな状況になってますw 

 

まとめ

WEBサイトに新しいコンテンツや新しいカテゴリーを追加するとき、その方向性を決めることに多くの優秀な人的リソースや貴重な時間を割くのはもったいない。こうしたツールで客観的にサクっと決定し、その先にあるコンテンツ制作の中身の"質"と"スピード"を上げる部分に、ぜひ優れた脳みそを使ってみてはいかがでしょうか。

 

日々人類も追いつかないほどの変化を遂げているインターネット業界。
こんな便利なツールにとって替わるモノも、まだまだ登場しそうですけどねぇ… ( ̄ー ̄) ニヤッ。

 

そのへんは、また次回。

このエントリーをはてなブックマークに追加

LAYSAN


この記事の投稿者:

次