2017.02.13

597

ランディングページ一体型フォームカートASP「amaQ(アマキュー)β版」をリリース!

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんばんは!へノブファクトリー広報です!
本日、2017年2月13日(月)大安吉日!新しいサービスをリリースしました。

BtoBからCtoCまで、あらゆる目的にフィットして結果を出す
ランディングページ一体型フォーム・カート「AMAQ(アマキュー)」です。

へノブファクトリー初のASPフォームカートです。

どんなサービスなの?

「自分のECサイトを作りたいが、制作会社に頼む予算はない」「低予算でしっかりと効果があるサイトを作りたい」そんな一般ユーザーの願いを叶えるためのランディングページ一体型フォーム・カート「AMAQ(アマキュー)」。ECカートをベースにしているのに、BtoBサイトも構築できる優れものです。

 

どこがすごいの?

パン屋さんも、税理士さんも、ヨガの先生も。 イメージ通りのサイト、作れます。

パン屋さんのような飲食店ならネットで通販しながら、お店の告知。
税理士さんのようなサービスを展開する業種ならwebを通してサービスを訴求、資料ダウンロードやお問合せ受付、サービス決済までお手の物。

あなたのイメージ通りのサイトを構築できます。

 

あるようでなかったランディングカート一体型フォームカートASP

プロが作る購買心理を完備したテンプレートを組み合わせることで、通常なら作成に何十万もかかるランディングページとフォームカートが月額3万円で作成可能に!


効果が出るwebサイトの「仕掛け」

webのことなんて全然わからないなんて人でもAMAQにある4つの仕掛けで効果の出るサイトを構築できます。

 

集客できる仕掛け

・自動メルマガ配信/OGP設定

サイトでアクションを起こしてくれた人に対して、半自動にてメール配信を行うことができます。また、サイトの更新情報をFacebookやTwitterに自動配信できるOGP設定もカスタム済みです。

伝えやすい仕掛け

・更新がしやすいランディングページ

ランディングページは作って終わりのイメージが強いですが、 AMAQではブロック要素を縦に積み組み合わせられる形状なので、ABテストや新着情報などの追加がラクにできる仕様となっています。

効果が出せる仕掛け

・ゴールが設計された、フォーム・カート

AMAQで一番こだわった点は、BtoBでもBtoCでも活用できる「フォーム・カート」です。1サイトでいくつものゴールを設計でき。ユーザにもわかりやすいサイト作りが可能です。

管理しやすい仕掛け

・顧客、売上、デザインなどを一括管理

AMAQはEC-cubeがベースとなっているため、顧客情報や商品やサービスの情報、売上状況などが一括管理できます。また、汎用性が高いツールなので、オリジナルカスタマイズを実施することも可能です。

発案者からのメッセージ

AMAQフォームカートのリリースを見ていただきありがとうございます。
株式会社へノブファクトリーの谷脇です。

ここでは、AMAQフォームカートの誕生についてお話しします。
少し長くなりますが、是非ともお読み頂けると幸いです。

AMAQフォームカートの発案のきっかけ

私たちへノブファクトリーは、2004年からウェブサイトの制作を行ってきて、2017年で13年目を迎えました。おかげさまで、毎月さまざまな制作依頼をいただき、お客様にウェブサイトをご提供しております。

振り返ると、Webシステムの発展はすごくて、昔に比べてウェブサイトは本当に簡単に作れるようになりましたね。無料で作れたり、テンプレートを活用してしっかりしたサイトが作れるようになりました。ウェブツールを開発する会社のチカラというものはすごいです。

そうして、サイトを簡単に作れるようになり、皆さんがスタートラインに立ちやすくなったのは事実です。けれど、サイトを立ち上げた後に、そのサイトがビジネスに役立つかどうか、そのサイトで収益化ができるかどうかそこに触れたサービスが少ないと感じていました。

私たちは制作業務はもちろん、「作られたサイトをしっかり運営できる会社になろう」と思いました。そして作らせて頂いたサイトをそのままお預かりして運営する仕事を進めました。お客様からの反応も良く、6年ほど経った2016年4月に「シシマイ運営代行サービス」という形でサービス化をし、デザインを改善したり、データ解析を行って悪いところを直すなどPDCAを回すことで効果アップにつなげています。

その中で、多種多様なASPサービスやモール出店の企業様と出会い、それぞれのツールを活用することのメリット・デメリットをいろいろと知ることができました。

例えば、集客しやすい仕組みかどうか、スマホ対策ができるかできないか、クレジット決済が付いているかついていないか、デザイン改善がしやすいかしづらいか、サイトを発展させやすいかそうでないか、収益化に繋げられるかそうでないか、システムを大きく改善できるかどうか、更新や管理が難しいかどうか、費用対効果は良いか悪いか、、そして、お客様が現状に満足しているかどうか、などなど、たくさんの切り口を知り、考えることができました。

そして、それらの悩みを解決したい。そうしなければ運営代行の仕事はこれ以上お手伝いできない。そう思って、弊社として初の試みである「フォーム・カート」の開発をイメージしました。

こうした経緯で生まれたのが、この「AMAQフォーム・カート」です。


作るだけじゃなく、運営しやすいサイトを作ろう!

ウェブサイトで収益化を目指すために知らなければならない知識は「商品の知識」「ウェブの知識」「販促の知識」「経営の知識」など、たくさんあります。これをウェブの知識がない方が完璧にウェブサイトとしてアウトプットすることは不可能です。

だからこそ、制作会社やコンサルティング会社があり、それを具現化するところをお手伝いしているのだとおもいます。けれど、今やもう、作るところだけじゃ全然足りないんです。だから、作った後もちゃんとサイトを運営できるように仕掛けを作らなければと思いました。

皆さんはあまり気づかないかもしれませんが、集客、サイト制作、サイト運営、データ分析、コンサルティング、これらは全て別々の会社がやっていることが多いです。専門性を高めて、それぞれのクオリティを高めているからですね。けれど、ユーザの悩みは、それら全てに渡っており、それらすべてを実現しようとすると費用が高くなってしまいます。


と・・・小難しい話を、いろいろお伝えしようと思ったのですが、やめておきます。

要は

  1. 訴求力の高いサイトが簡単に作れる
  2. リーズナブルなのに高機能である
  3. 多種多様な目的を実現しやすい
  4. カスタマイズして育てやすい

です。

機能をシンプルにし、作りたい人それぞれの目的に合わせて、私たちが作成した指示書通りにページを作りこむことで、効果の出やすいサイト構築ができるように作りました。メールマーケティングも組み込み、興味を持ってくれた人に自動的にアプローチする流れもあります。SNSに積極的に情報発信できるような機能も盛り込みました。ご支援する準備は整いました。

私たちはこれらのツールを売るのではなく、効果を出しやすいサイトを作れる仕組みを使って、お客様の本来の目的である「ゴールに結びつくサイト」の運営をお手伝いします。[AMAQフォームカート]でサイトを作り[シシマイ運営代行]で、運営もサポートします。興味のある方は、お問い合わせください。

宜しくお願い申し上げます!

「フォーム・カート」って、私が作った造語です^^

世の中では「単品カート」とか「ランディングページ一体型カート」とか「LPOカート」とかいろいろな名前で呼ばれていますが、これらがしっくりこなくて、AMAQフォームカートのロゴを作っていた時に「AMAQフォーム」「AMAQカート」と2種類作ってたんですが、それを並べて、いっその事一緒にしちゃえ!って、「フォーム・カート」っていう名前をつけました。いつか、この呼ばれ方が主流になったら嬉しいな〜と思います!

bnr_ama

このエントリーをはてなブックマークに追加

次